すっぴんで日焼け止め

すっぴんで日焼け止めするおすすめの方法※肌に負担をかけないためには?

私は肌が弱いので、すっぴんでいることが多いです。

 

日差しには気をつけたいんですが、ファンデーションもあまり使えないし、強い日焼け止めも苦手です。

 

前に強い日焼け止めを使た時は、日光に当たった後にぶつぶつが出来たこともあります。

 

そんなだから、家から出ない日は、なるべく水洗顔と、日焼け止めは塗っても肌に優しいものだけにしています。

 

日焼け止めと言えば顔が気になりますが、顔以外の日焼け止めを塗らなかったところでもシミはできていないので、別に強い日焼け止めを塗る必要はないかなって考えてました。

 

しかし・・・日焼け止めを怠るとどうやら大変なことになるみたいですよ

 

シミは5年後・10年後に出てくる

若い頃にあまり日焼け止めをしないでも大丈夫だった人が、その後30代、40代になってから後悔したという話は、私の周りでもたまに聞いていたのですが・・・

 

ネットを少し見てみただけでも、実際にこうした悩みを抱えている人は少なくないようです。

 

例えば、私と同じようにすっぴん日焼け止めなしで過ごしている人が、職場の先輩中年女性に、「将来見せられないような肌になるよ」と言われたエピソードがありました。

 

先輩女性曰く、若い頃にすっぴんが多かったせいで、今となってはシミやそばかすがひどくて、ファンデーションなしでは外に出れない状態なんだそうです。

 

また、20代の頃に紫外線対策を怠っていた女性が、40代になって後悔している、という話もありました。

 

これだけ後悔している人がいる、ということは、私にもその可能性がある。
それどころか、きっと肌の弱い私はシミが出やすいのでは!?
そう思ったら急に心配になってきました。

 

そこで、できるだけ肌に負担の軽い日焼け止めを探してみました。

 

しかし、肌に負担がないというのは、やっぱり利便性とのトレードオフなんですよね。

 

 

肌に負担の軽い日焼け止め

 

肌に負担が軽いと言えば、石鹸で洗い流せるタイプです。

 

ファンデよりもクレンジングの方が肌に負担がかかるので、クレンジングが必要な日焼け止め使うぐらいなら素直にファンデを塗っておいたほうが負担は軽いそうです。

 

ただ、このタイプの日焼け止めは、汗をかいたら塗り直しが必要で、非常に不便だしコスパが良くないです。

 

他に肌に優しい日焼け止めとしては、ノンケミカルの低刺激タイプがあります。
しかし、ノンケミカルの日焼け止めは、白浮きしやすいんですね。

 

白浮きしない透明な日焼け止めには、たいてい紫外線吸収剤が使われています。
やはりこのタイプに日焼け止めも、使い勝手と肌負担はトレードオフなんですね。

 

こんな風に、肌にも優しくて使いやすい日焼け止めってなかなかない。。

 

そんな時に見かけるようになったのが、飲む日焼け止めです。

 

 

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めというのは、飲むだけで紫外線を防いでくれるサプリのような日焼け止めのことです。

 

このタイプなら、日焼け止めが落ちることもないですし、白浮きや塗りなおしの心配もありません。

 

何より、そもそも肌へは何も塗らないので、全く負担がありません。

 

飲む日焼け止めは何種類かあるのですが、どれも「Nutrox Sun(ニュートロックスサン)」という成分が中心になっています。

 

 

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールはこの中だと一番有名な飲む日焼け止めかもしれません。

雑誌にもたくさん紹介されているので、見たことがある人も多いと思います。

 

インスタでモデルが愛用しているという投稿も多いので、このタイプの日焼け止めが初めてという方でもまずは安心できると思います。

 

≫ホワイトヴェールのキャンペーンを見てみる


 

メディパラソル

メディパラソルはニュートロックスサンが1粒に100mg入っているという、ニュートロックスサンの容量を明記しているところに信頼がおけますね。

 

また、秋冬の紫外線にも対応しているので、これからの時期には丁度いい日焼け止めです。

 

今は初回980円のモニターコースがあるみたいでした。

≫メディパラソルのキャンペーンを見てみる


 

POLC

POLCはいつでも解約OKなのに定期コース割引があるという点がいいですね。
そのぶん、値引率は他の日焼け止めよりも低いのですが、1回だけ試してみたいという方にはいいかもしれません。

≫POLCのキャンペーンを見てみる